遺品整理を始めよう

故人が亡くなって喪失感がある中での遺品整理は精神的にも体力的にも難しいことがあるので、業者の利用を検討してみましょう。業者を利用した方の口コミを参考にしてみてください。

遺品整理の経験者から学ぶ!業者に関する口コミ

遠方で進まなかった遺品整理

故人が遠方に住んでいたので、中々遺品整理が進められず困っていました。しかし、業者に依頼するとあっという間に整理できたので肩の荷が下りた思いです。

どうやってすればいいか分からなかったので助かった

遺品整理は初めての経験だったので、どんなことをすればいいのか悩んでいました。しかし、業者さんに助けてもらったおかげでスムーズに進められて助かりました。

体力に自信がなかったので利用しました

遺品整理を一人で行うのは体力にも自信がなかったので、お願いしました。時間が限られている中で、ゆっくり整理したいものだけ自分でできたのでよかったです。

ダンボール

精神的に楽になる

遺品整理は故人が生前使用していたものなどを遺族に代わって整理し、必要なものは遺族に手渡し、不要なものは処分してくれるというサービスです。遺族にとって故人の持ち物の整理は、葬儀などが終了してからやっと始めなくてはと気がつくことかもしれません。通常の精神状態ではないときに、亡くなった家族が生前親しんでいたものを見るのはなかなかつらいことです。さらに、それをいるものといらないものに分ける等の作業をしようと気持ちを切り替えるまでには時間がかかるでしょう。そんなときに遺品整理を業者にお願いすることで心の負担を少しでも軽くできるのならそうしてみるのもいいかもしれません。芦屋には遺品整理士という認定資格を持つ人が在籍している遺品整理業者が数多くあります。問い合わせ後に出張、見積もりを行ってもらい、見積もり内容に納得できれば契約、決められた日時に作業となります。故人のものを片付けるというデリケートな作業なので、遺族の意志を汲んで作業を行うことをうたっている業者は多くあるようです。

気持ちの切り替えができた

故人の持ち物の整理を行ってくれる遺品整理だけを行う業者は増えていますが、芦屋市にも同様の業者がたくさんあります。遺品整理の業務は不用品回収業者の中でも行っているところがあります。一方遺品整理だけを行っている業者もあり、そこには遺品整理士の認定資格所有者が多く在籍しています。芦屋市にある業者でも資格を持つ人がいるところが安心して依頼できるということでそういうところのほうが利用者は多いようです。遺族の視点で行ってくれるという点がつらい気持ちを考慮してもらえたということになり、負担が軽くなったという声も多くあるそうです。特に必要なものかそうでないかということをひとつひとつ聞いてから作業をしてくれるところも多く、つらい気持ちが和らぐだけではなく、けじめもつけさせてくれるような作業を心掛けてくれるところもあります。

広告募集中